組子に照明を合わせた建具を縁起物としてお部屋に設置するなら|石川県小松市の建具デザイン「有限会社加門建具工芸」

組子に照明を合わせた建具を縁起物としてお部屋に設置するなら|石川県小松市の建具デザイン「有限会社加門建具工芸」

  • 0761470321

    電話受付時間 8:00~19:00 定休日 日曜日

コラム

組子に照明を合わせた建具を縁起物としてお部屋に設置するなら

モダンな和室を実現させるためには和と洋が融合したおしゃれなインテリアを置くのがカギ

モダンな和室を実現させるためには、和と洋が融合したインテリアを取り入れるのがカギとなります。和室の良さをそのまま残し、モダンなデザインの照明や障子を取り入れる事で、おしゃれな空間へと変わります。

 

普通の和室に和と洋が融合したインテリアを配置するだけでいいので、とても手軽です。加門建具工芸では、和室をモダンな空間に変える建具の制作を行っております。お客様のご希望に合わせて丁寧に制作いたしますので、お気軽にご利用ください。

 

モダンな和室はシンプルでありながらデザイン性・機能性を兼ね備えた障子や照明がポイント

モダンな和室に仕上げるなら、ぜひ加門建具工芸へご相談ください。シンプルでありながらデザイン性が光るおしゃれな照明、障子、襖など様々な建具を制作しております。熟練の職人が作る建具は、見た目の美しさと機能性の両方を兼ね備えており、和室・洋室問わず様々な部屋にご活用いただけます。全国に対応しておりますので、新しく住宅を購入する方、料亭やレストランなどの店舗デザインでモダンな建具を取り付けたいという方は、どうぞお気軽にご相談ください。オリジナルのデザインで、あなただけの素敵な建具をご提供させていただきます。

 

進化していく和室

日本の生活に深く根付いている和室の歴史は、奈良時代まで遡ります。ただし、その時代は位の高い人が寝る際に使用していたゴザのようなものだったそうです。現代のようにイグサで編まれたものではなく、イネ科のマコモという植物を材料として作ったものが、のちに畳となったと言われています。しかし、庶民に畳が浸透したのはそれからしばらく経った江戸時代中期頃と言われているため、和室が一般的になるまでには少し時間がかかった事が分かります。

 

現在では、和室を構成する要素はいろいろあり、襖や障子、欄間なども多種多様です。現代の建築物に合わせて伝統とモダンが融合したおしゃれな襖や障子などが出ているため、純和風な部屋だけではなく、おしゃれでモダンな雰囲気の和室を演出する事もできます。